マイクロダイエットを使用しない方がいい人

無理せずやせられると評判のマイクロダイエットですが、中にはマイクロダイエットを使用しない方がいい人もいます。マイクロダイエットを使用しない方がいいのはどのような人なのでしょうか。

妊娠中・授乳期間中の方


妊娠中の女性や出産後でお子様に授乳している女性にはマイクロダイエットはお勧めできません。
妊娠期間はお腹の中の赤ちゃんに十分な栄養を与える必要があります。
食事は母体の健康だけでなく赤ちゃんの成長にも配慮が必要なため、やせることを目的とした食事であるマイクロダイエットは不向きです。
授乳期間中も母乳を出すためには十分な栄養が求められるためマイクロダイエットはお勧めできません。
子どもが大きくなって授乳が終了してからであればマイクロダイエットが使用可能になります。
妊娠期間中や授乳期間中は子どもが最優先になるため体重が増えやすいのですが、増えてしまった体重はマイクロダイエットで無理なく落とせます。

心臓病や肝臓病、腎臓病などの慢性的な疾患を持つ方


心臓病や肝臓病、腎臓病など生命に関わる慢性的な疾患をお持ちの方はマイクロダイエットを使用しないでください。
慢性疾患には普段の食事が強く影響するため、マイクロダイエットで急激に食生活が変化すると症状が悪化する可能性があります。
慢性疾患があるからといってマイクロダイエットが絶対に使用できないというわけではありません。
マイクロダイエットは栄養バランスを考えた上で開発されたダイエット食品であり、健康に悪影響をおよぼすものではありません。
医師の指導のもとでマイクロダイエットを使用するなら全く問題ありません。
慢性的な疾患をお持ちの方はマイクロダイエットを使用する前に医師に相談してください。

糖尿病でインスリン投与中の方


糖尿病でインスリン投与中の方はマイクロダイエットを使用しないでください。
マイクロダイエットは健康な方を対象にしたダイエット食品であり、インスリン投与が必要な重い糖尿病の方が使用すると健康に悪い影響を及ぼす可能性があります。
インスリンを投与していなくても厳しい食事制限が必要な糖尿病の方はマイクロダイエットを使用する前にかならず医師に相談してください。
使用が認められた場合でも医師の指導に従って適切に摂取しましょう。

大豆・酵母アレルギーの方


マイクロダイエットには大豆や酵母が使用されています。
大豆・酵母アレルギーの方が使用するとアレルギー症状を引き起こすので絶対に使用しないでください。
マイクロダイエットには大豆・酵母以外にもナッツやオレンジなどアレルギー症状を引き起こす可能性がある食材が使用されています。
アレルギーを持っている方は必ず使用前に使われている食材や成分を確認してください。

著しく体力が低下している方


マイクロダイエットは無理なくやせられるように必要なエネルギーが摂取できるようになっています。
しかし、著しく体力が低下している方がマイクロダイエットを使用してしまうと体調をくずす恐れがあります。
体力が低下している方はマイクロダイエットを使用する前に体調をしっかり整え、体力が回復してから使用するようにしてください。

マイクロダイエットを飲む際は体調にも注意しよう


マイクロダイエットは正しく使えばとても魅力的なダイエット食品です。
安心安全に使うためにも使用上の注意をよく確認し、疑わしい場合は使用しないようにしましょう。